墓地の情報が満載!

知っておきたい公共の墓地の特徴とメリットとデメリット

知っておきたい公共の墓地の特徴とメリットとデメリット 公共の霊園というのは、都道府県や市町村など地方自治体が管理・運営を行っている霊園をいいます。
霊園や墓地は寺院が運営している寺院墓地や宗教法人や公益法人が運営している民営霊園もあります。
公営霊園は公共ならではの安心感や管理費・永代使用料が安いというメリットがありますから、希望する人も少なくありません。
ただ利用するにあたっては決まりごとも多く、当選してもお墓を建てることができず無効になってしまったり、辞退をする場合もありますから、事前に特徴やメリット・デメリットを知っておく必要があります。
公営霊園のメリットは、自治体が運営していることから安心感があります。
また宗教や宗派などの制約もありませんし、民営霊園などと比べると永代使用料や管理費が安く設定されている。
石材店を自由に選ぶことができるということがあげられます。
民営霊園や寺院墓地の場合、指定された石材店でしか購入できないことが多くなっていますが、公営には制限がありませんから、比較検討して石材店を選ぶことができます。
ただデメリットとして、申し込みの資格要件が決められていたり、応募期間が限定される。
申し込み多数の場合は抽選になる。
希望する場所を選べないなどがありますから、十分理解した上で選ぶことが大切です。

環境の良い立地にある公共の墓地が人気です

環境の良い立地にある公共の墓地が人気です 墓地は環境の良いところに購入したいという方は多くいますが、特に都心部からアクセスしやすい場所にある公共の墓地は多くの人が買い求める傾向にあり、公営ということで民営よりも価格も抑えめですので抽選で購入する権利が与えられるのが一般的です。
公営と言っても民営と比べて何か不便なこともありませんし、運営する側が民間でないという事なので非営利団体が運営していることから、かかる費用も民間のものに比べると安くなっているのが特徴です。
お墓を購入する時にはなるべく安く買いたいと多くの人が考えているその背景には、墓地だけでなく墓石も購入しなくてはならず、その後の維持管理費などもかかってくる点が大きいと考えられます。
バブルの崩壊以降長引く景気の低迷から、今後は就職氷河期世代が墓地を購入するようになってくると考えられる一方で収入面の不安等からお墓に高額の出費をすることが出来ない人が増える傾向にありますので、環境の良い公共の墓地の価値はますます上がるものと考えられるでしょう。
便利なエリアで快適な環境かにあるお墓は抽選に当たる確率は非常に低いと考えられますが、何度も申し込みをしていれば当選する可能性もありますので、あきらめずに申し込みをする人も少なくありません。

お墓関連情報

墓地

新着情報

◎2018/10/18

公共の墓地に注目
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 公共」
に関連するツイート
Twitter