墓地の情報が満載!

公共墓地にかかる費用は民営やお寺よりは安いと考えられているのは本当か

公共墓地にかかる費用は民営やお寺よりは安いと考えられているのは本当か 先祖伝来のお墓を所有していない方が将来的に自分や家族が落ち着く場所として、生きている間に墓地を探しておくのは今では一般的になっているのではないでしょうか。
さて墓地にもさまざまな種類がありますが、宗教や宗派や国籍に関係ない場所といえば公共や民営の霊園だといえます。
お寺の場合には定期的な供養などを手厚くおこなってくれる反面、宗派が決まっていたり檀家になって手伝いや寄付をしなければならないなどの煩わしさが敬遠されることもあるようです。
費用の点では一般的に民営よりも公共の墓地のほうが安価であるとされていますが、それでも便利な都内の一等地などはそれ相当な費用の工面を考えて置かなければなりません。
要するに平均的に比較すればお寺や民営の霊園などのほうが設備が整っていたり僧侶が直接的にお墓を管理していることになるので、使い勝手が良くて高めの設定となっているということです。
そこで墓地を探している方は一般論を参考にしながら、自分のコンセプトを大切にして選ぶことをおすすめします。

公共の墓地の使用期間に関するきまりについて

公共の墓地の使用期間に関するきまりについて 地方自治体等が整備した公共の墓地は使用できる期間の範囲が明確に定められています。
利用者にとってはその墓地を使用する権利がいつまで継続できるかの重要な事項なので、契約に当たっては内容をよく確認しておくことが重要です。
自治体等による公の施設である限りは、全ての施設にそれぞれの特殊性に応じた公平公正な対応が求められます。
例えば使用期限の定めはないが、管理料が支払われる間は権利が継続し、支払われなくなって3年等一定の期間が経過した場合は使用権が消滅する等の規定があったとします。
公共施設は税金を使って整備されるので、たとえその墓地の使用権が抽選で得たものだったとしても、規定どおりに使用料が払わない等の違反行為がある場合は、行政は全ての住民に対し公平公正な行政を行う義務があることから、違反を理由として契約解除ができることになります。
中には使用期限の定めがなく、無期限制のものもありますが、この場合には将来無縁墓となる可能性もあるので、そのような場合の管理料や遺骨の取り扱いについても確認しておく必要があります。
また、30年等の期限付き契約の期限経過後の遺骨の取り扱いについても同じように、納骨堂や合葬墓に改装するのか内容を確かめておきます。

新着情報

◎2018/12/19

立地場所の範囲も重要
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

公共の墓地に注目
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 寺」
に関連するツイート
Twitter

墓を継ぐ祭祀継承者以外相続できません。もし、墓地借地権(永代使用料)を相続する跡継ぎがいなければ、墓石その他祭祀財産は撤去し、更地にして墓地、霊園の所有運営者に返還しなければならないのです。 いいですか?跡継ぎがいなければその系譜、家系、一族の墓はなくなり、過去帳は途切れ

現在の墓制を見てみましょう。 霊園や、お墓の土地はあくまでも永大使用料を払い続ける使用者・その祭祀継承者と、、自治体・過去帳を管理する宗教檀家との借地権にすぎません。墓石、その他祭祀財産はその墓地使用者の所有物ですが、墓地の区画の借地権は、祭祀継承者以外相続できないのです。

返信先:@rf4r4q34rq4 私の母方の一族は、長崎と佐世保にある墓から戦後、関西に移住し、菩提を嵐山の念仏へ移しました。観光客の来ない、奥に檀家用のこじんまりした美しく静寂な墓地があります。そこもまた美しい竹林に囲まれています。竹林は実は奥にも広がっています(*^^*)✨

フェノロサ関連の文書など新資料2000点見つかる 大津 三井 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019… 法明院。フェノロサの墓地。 すごいわ。未調査の御宝箱がたくさん眠ってるわけやね❗ どうせ記事書くなら、展示会の宣伝せいやー❗『フェノロサの愛した 法明院-三井北院の名刹-』

Twitterてら たびと(寺 旅人) #|д゚)チラッ.。o○寒いからテンションあがらね~⤴️@TERATABIST

返信 リツイート1 昨日 20:27

お墓については、墓所の土地を借りる墓地使用料は非課税てす。墓地の管理費は原則課税対象てすか、おか護持会費な #老後#資金#マネー

返信先:@xx_togi_xx 後、水辺、墓地が周辺にない場所おすすめです

Twitterふうりん@旧わたあめ@fuxurinn

返信 リツイート 昨日 19:48

山南のほかに、大石鍬次郎の弟・大石造酒蔵、四番隊組長・松原忠司、勘定方・河合耆三郎らの名もあった。河合の墓地は親族が立て、壬生にもある。 片隅には「沖田氏縁者」の墓もあり、「大姉」という戒名から女性ということが分かるが、親戚か恋人だろうか。 pic.twitter.com/CgjhE2aCa3

Twitterヤッピーオルタ×総裁@yappyalter

返信 リツイート 昨日 19:17

RT> 「犬猫も驚いた」は妙教さんの伝承ですね。住職さんは鉄鍋をかぶって墓地へ避難、猫は竃に逃げ込み、犬はどこかへ走り去って何日か後にやっと帰ってきたとか。さぞ恐ろしかったでしょう。『ふぃーるどわーく京都 南』(現在は在庫切れ)でも少し紹介させていただいた逸話です。

浅見絅斎墓所 平成24年8月、浅見絅斎先生の墓参をした。 浅見先生のお墓は、京都市東山区の鳥辺山墓地(延年旧跡墓地)にあ…buff.ly/2FYCTzG

実家の近所のおの大きな墓地、周辺は一見すると古くて風情ありそうな石垣で囲まれてるんだけど、子供の頃に「この石垣、どう見ても墓石の再利用だよな…」って思って見てて、大人になるにつれて「まさかそんな」って考え直して忘れてたんだけど、いま久しぶりに近くを通ったらやっぱそうだな。 pic.twitter.com/1A0EOlxejP